CICに重大な金融事故が登録されている人は、クレジットカード審査に通らない可能性が非常に高いです。
CICに金融事故が登録されている人がカードを持つためには、「審査なし」として有名な「家族カード」と「デビットカード」の2種類を検討する必要があります。
しかし、家族カードは家族がその登録したいクレジットカードを持っていないといけないため、審査への申込自体行う事ができなくなっているのです。
そこでデビットカードはおススメになります。
今回の記事では、そんなデビットカードについて解説します。

デビットカードは誰でも持てるカードの一つ

過去に金融事故を起こした事がある人にとっては、(確認の仕方はCICという信用会社に問い合わせをする必要があります)カードを持つことは難関でした。
カードを持つことができないということは、お買い物は現金払いしか出来ないことを意味します。
その現状を打破するために、デビットカードが出現し、VISAデビットカードの発行が開始されました。
VISAブランドは世界で最も普及しているカードブランドです。
海外旅行をする人にとっては、今まで現金払いしか選択の余地が無かった人でもVISAデビットカードの出現により気軽に持つ事が出来ました。
VISAデビットカードの申込条件は満15歳以上(中学生は除く)となっており、銀行口座を持っていれば審査なしで発行された事もあって、誰でも持てるカードとして徐々にその知名度を上げていきました。
ちなみに、デビットカードにはキャッシュカード一体型もあるため、銀行のキャッシュカードとデビットカードという2種類の機能を1枚で使い分ける事が可能となっています。

デビットカードとクレジットカードの違いは?

デビットカードとクレジットカードの違いは、クレジットカードは代金後払いになるのに対し、デビットカードは銀行預金から即時に引き落としされるという違いがあります。
デビットカードはクレジットカードのように商品先渡しの代金後払いが出来ませんので、使用する時は銀行に預金をしておく必要があります。
あらかじめ銀行の預金口座にある程度のお金を入れておく必要がありますが、常に多くの現金を持ち歩く事と比べセキュリティ面では大いに役に立つ事が出来ました。
また、デビットカードでもポイントが還元されるカードも多数あります。

デビットカードにはVISAとJCBがある

以前ではVISAブランドの付いたデビットカードが主流でしたが、近年では日本発祥の国際ブランドJCBの付いたデビットカードも発行されています。
そして、VISAと言えば知らない人がいません。
日本国内はもとより海外においてもVISA加盟店が多くあるため、VISAデビットカードがあればかなりの店舗での利用が可能となっています。
ただ、ここにJCBデビットカードが加わった事により、その利用シーンがさらに拡がる事になりました。
現在ではVISAデビットに加えてJCBデビットも利用している人が増えてきているのも事実です。
JCBブランドは日本発祥の国際ブランドのため、日本国内に限って言えばかなりの加盟店がありますので、その利用シーンも増える事でしょう。
ただ、海外での使用は制限されることも多いので、個人的にはVISAブランドで良いのかなぁと思います。

Masterデビットカードってあるの?

このMasterブランドは、VISAと並んで国際ブランドとしてはかなり有名になっていますが、実は現在、日本においてMasterデビットカードを発行している金融機関はありません。
以前では唯一東京スター銀行がMasterデビットカードを発行していましたが、2008年をもってデビットカード分野から撤退した後は、国内からMasterデビットカードが無くなりました。
しかし、現在ではVISAデビットがかなり普及されていますので、金融機関としてもMasterブランドと提携してデビットカードを発行しなくても良い状況と言えます。

さいごに

デビットカードの利点についてまとめさせていただきました。
現在の日本国内で発行されているデビットカードは、「VISAデビット」と「JCBデビット」の2種類のみとなっています。
今後ご自身が使うシーンを考えてVISAかJCBのみ、または両方のデビットカードを持つなどの判断を行って下さい。